設立当初から2002年ごろまで在籍の山岸実生です。

DeNAが一番最初のサービスを世に送り出す数ヶ月前に参加し、サイトのデザインや編集を担当させていただきました。

最初は富ヶ谷の小さなワンルームマンションでした。当時は5~6人ほどだった社員が、お互いのヒジがいちいちぶつかるほど机を寄せ合い、刻一刻と迫りくるカットオーバー予定日に向け、一丸となってゴリゴリ邁進してました。

その時期のみんなの顔は、なかなかお風呂に入れないのと、間に合うんかコレという焦りと、そして絶対面白いものを生み出すぞという熱い思いで、いつもテカテカのキラキラ。

駆け出しのデザイナーで右も左もわからなかった私にとって、とにかくスピードが求められる中でデザイン周りを一人ですべてやるというのは、毎日が大きな壁との戦いでしたが、くじけずなんとか貢献したいと思えた原動力は、「とにかく楽しいものを世に届けよう!」という皆さんの熱さと明るさでした。

創業メンバーの多くは、大手コンサルティングファーム出身者で、いわばビジネスモデル構築のプロ中のプロ。

でもそこにあったのは、成功するビジネスモデルを作ろうという空気ではなく、
「この自分たちも楽しくて仕方がない良いサービスでみんなを喜ばせたい!!」
という空気でした。

だから今回のことはとても残念です。

大きな影響力を持つ立場で、
「ネットの情報ってやっぱりいいかげんなのね」
と思われかねない状況をつくってしまったことは、情報を受けとる方たちにはもちろん、誠実にインターネットコンテンツに関わっている人たちにも、大きな損失を与えたと思います。

今もインターネットやコンテンツに関わる一人として、そこはすごく残念です。

でも、こういう仕組みを産んでしまった責任はとてつもなく大きいけれど、幹部をはじめ社員の方々は、こんなことは望んでいなかったと思います。

少なくない時間を仕事に捧げるなか、根っこにあるのは、
「この自分たちも楽しくて仕方がない良いサービスでみんなを喜ばせたい!!」
ではないかと思うのです。

初期しかいなかったOGが、やんや言ってすいません。

でも、今もDeNA時代の仲間は宝です。尊敬し、感謝し、参加できたことを誇りに思っています。

心から応援していると共に、これからのご活躍を楽しみにしています。

————————————————-
名前:山岸実生
在籍年:1999年~2002年
在籍部署:ビッダーズ事業 デザイナー
現職:ホノルルカンパニー代表
————————————————-

from 山岸 実生
ホノルルカンパニー代表

投稿ナビゲーション